いますぐエントリー

TOPへ戻る

  1. 一般的な採用の順序
    インフォニックの採用選考

    つまり、インフォニックの「最初からクライマックス選考」というのは、1次面接の段階から、いきなり社長が登場するという選考方法なのです。

    一般的な採用面接では、まず社長は最初に登場しません。

    なぜなら
    • 多忙な社長は面接に多くの時間を割けない
    • 社長がそこまで採用選考を重視していない
    • 社長でなくとも一次判断はできる、大丈夫だと考えている
    などの理由があるためです。

    さらに、選考が進むに連れて、面接を受ける人数は減ります。
    逆に言うと、面接を受ける人数は、1次面接が一番多いのです。
    面接の人数が多いほど社長は体力を使います。

    それでもインフォニックが「最初からクライマックス選考」を行なう理由・・・
    それは、
    「あなた」という、美しく輝く可能性のあるダイヤモンドの原石を、
    間違って見逃すことなく、
    社長が直接この眼で、どうしても見つけ出したいからです。